久々の「いつもの峠道」

すっごく久しぶりに「いつもの峠道」を走ってきました。ちゃんとしたウェアで走るのは10ヵ月ぶり…。内転筋と二の腕が軽く筋肉痛になりました💦

峠道くらいなら全然問題ないフィジカルを作って維持したいですね…。理想はサーキットをガンガン走れる身体だけど。


レーキンさん、さすがにすり減ったリヤタイヤでは厳しかったです。あとフォークオイルも怪しいし、何よりこの日はタイヤの空気圧をコンマ2ぐらい高くしてて怖かった💦

でも久々の峠道を存分に楽しめました。ていうかガードレールが派手にひん曲がった箇所が2箇所くらいあって恐ろしかったです。


スピード落としましょうよ…。


10ヶ月くらいお会いしてないバイク乗りの方もいるので、自分はもう静岡にいないんじゃないかと思われてるらしいのですが、相変わらず静岡にいます。残念ながら何も変わってないです(笑)。

変わったことといえばアイドルソングにハマって曲をたくさん聴いてたことと、何回か東京のライブに行ってたことぐらいですね。まぁそりゃバイクに乗る時間減りますよね(笑)。


でもアイドル関係はそろそろ落ち着いてくると思うので、今後はもっとバイクに乗りたいです。ていうか身体を鍛えたい💦

全車両のオイル交換

自分が所有している車両全てのオイル交換を一気に行いました。発電機も。


↓今回の目玉はこれ。櫻製油所の100%化学合成油5W-30


100%化学合成といってもグループが何なのか分かりませんけどね。でもグループ靴覆蕋錬砲覆里任△鵑泙蟲い砲靴討泙擦鵝

8Lで4,480円なので1Lあたり560円でお買い得だし、全然乗らないクルマと通勤用のベンリィには十分過ぎるオイルです。


フィーリングはクルマでもベンリィでも軽い吹け上がりでとてもよかったです。もうずっとこれでいいレベル。

有機モリブデンを1%足した方がほんのちょっと滑らかになったので、次もそうしますが、ピットワークのエンジンスムーザーは変化を感じなかったので今後は入れなくていいかな。

ワコーズのスーパーフォアビークルの中身同じって噂があるけど、体感的には同じとは思えない…。10%くらい入れる添加剤ってあんまり好きじゃないし、高いからちょうどいいです。スーパーフォアビークルは冷間時から体感できて気持ちよかったんだけど。


あとの車両とオイルは…ずっと同じの使ってるから、まぁいつも通りといった感じ。


↓オイルとは関係ないけど東京に行ったついでにモトGPのパブリックビューイングに行ってきました。

皆で見るモトGPはいいですね。肝心のレースはわりと淡々としてたけど💦

ホンダ ジョルノのインプレ

↓いい色ですね。

相方さんがスクーピーからジョルノに乗り換えたのでちょっと乗せてもらいました。なのでインプレを。

新車だからか押し引きがメチャクチャ軽かったです。ホイールの回転抵抗がなく、遠心クラッチの抵抗もない感じ。

ブレーキはリヤブレーキがすごく効きました。簡単にロックするくらい。コンビブレーキもすごく効いてます。ブレーキは左手を握るだけでOKなくらい。

でもフロントは全然効かないです。シューの材質や大きさが違うのか?ってくらい。一応ロックさせることはできるけど、シューが食いつかず滑ってる感じ。原付ブレーキのこの感じ、大嫌い(笑)。


ブレーキの効きを心配してたけど、ひとまずこれならOKかなぁ…。

エンジンは遅いなりにも元気がいいです。性能を出しきってる音が好印象です。

アイドリングストップ機能はすごいですね(笑)。でも発進時は一度アイドリング状態に戻してから発進したいかな。アイドリングストップ状態からそのまま発進しようとするとさすがに若干もたつくので。まぁ、アイドリングストップってそういうものなんだろうけど。

あとはウインカーの音が静か過ぎて聞こえないのがマイナスポイントですね。普通のバイクみたいにメーターが常に視界に入ってるわけじゃないので、ウインカーが点滅してるか分からない時があります。

ハンドリングは素直です。なんの不満もなし。まぁフロントブレーキを引きずりながらコーナリングするとフロント回りのプアーさを若干感じるけど、スポーツスクーターじゃないので問題ではないです。

でもフロントフォークが劣化したらハンドリングがダメになりそう。そしたら衝撃吸収能力もコーナリング性能が著しく落ちるだろうなぁ。ジョルノの前のスクーピーはフロントがリジットかっ!?ってくらいだったから。

フロントフォークの構造がそういう構造なんでよねぇ。オイルが入ってタイプ。


だからオレはベンリィをオススメしたのに…。

ジョルノでもレーシングポジションをとってもう少しコーナリング性能を確認したかったけど、内足をボディに押し付けると汚れるのでやめておきました(笑)。

リヤサスペンションは普通に良かったです。


以上、ジョルノのインプレでした。

久々のいつもの峠道

↓いい景色。久しぶりに「いつもの峠道」を走りました。といっても清水まで通り抜けるために使っただけですが💦 でも隣町に行くのにこんな良いルートが選べるのは素晴らしいですよね。ほんと静岡が好きです。


行きはフロント周りが落ち着かず、趣味バイクはそろそろ変更かな…と思ったのですが、帰りは気温が上がってタイヤの内圧が上がったからか、バイクがパタパタとよく寝てくれました。


帰宅してからすぐに乗ったベンリィはもっとベターっと寝る特性なので驚きましたが。ていうかレーキンからベンリィに乗り換える度に驚いてます。

ベンリィのハンドリングや前後の荷重配分の方が好きだけど、峠道では曲がらないですからね。


最近バイクブログはめっきり更新してないけど、レーキンには週イチか2週間に一回は必ず乗ってます。

そしてベンリィでは毎日リアをスライドさせてます(笑)。


スクーターでスポーティーに走るということは陸上のトラックをサンダルで走るようなバカげたことかもしれないけど、だからこそ得られる楽しさがあるんだなぁということを再認識しました。


最近やっとストレッチや筋トレを再開できてきたのでバイクをスポーティーに乗るのに適した身体に戻したいですね。

アイドルソングにハマってるけど、もう少しでそれも落ち着くと思うので(笑)。

ベンリィのタイヤとフォークオイル交換

久々の更新です。別に何か変わったことがあったわけではありません。強いて言えばアイドルソングにハマって東京まで地下アイドルのライブに数回行ったくらい←激変


そしてアイドルブログまで始めてしまったけらい(笑)。いやこのブログと同じく自分のための絵日記ですよ💦


人って…弱るとアイドルにハマるらしいですよ(笑)。

いや自分は同じようなCDを何枚も買ったりしないし、握手とかチェキを重要視しないし、コールとかMIXもできないし、しようとも思わないし、オタクと呼べる領域まではいってません。純粋な楽曲派ですよ、楽曲派←


まぁただ相変わらずプライベートの時間は全然ないです。


それはさておきベンリィのタイヤにスリップサインが出たので新品に交換しました。あとついでにフォークオイルも交換。


タイヤに関してはいつものIRCのやつですが、新品はフィーリングが激変して最高ですね。この感覚は神がバイク乗りに与えたご褒美だと思ってます(笑)。


フォークオイルですが…一度ブログが消えてしまったので記録がなく、今回はとりあえずヤマハの10番を10mm上げで入れましたが、どっちも良くなかったかも💦跳ね返りが強くて速いです。


次は同じヤマハの10番を使うなら規定油面かな。でも伸び側減衰を効かせたいから粘度を上げようかな。ヤマハ15番で規定油面かな!?


というわけで今までなら「いつもの峠道」を走ったりするのですが、今回はそうはせず…通勤路で「新品タイヤ最高!」を満喫してます。

スクーター2台のオイル交換&オイル考

↓もうバイクが趣味というよりオイルが趣味という状態。(笑)

2台のスクーターにそれぞれどういうオイルを使うか?については最近かなり考えが固まってきました。


まず通勤&街乗り用のベンリィ110には4リッター2,500円前後の全合成油(グループ)を使おうと。以前は純正のE1(MBの鉱物油)を使っていたのですが、途中で全合成油のフィーリングを求めるようになってしまいました💦


そしてそこに有機モリブデンまたはスーパーフォアビークル等の添加剤を加えます。

モリブデンのみの方が安くてよいのですが、スーパーフォアビークルの冷間時からの良いフィーリングが好きなので悩んでます。むしろスーパーフォアビークルを使いたいがためにオイルの価格帯を下げました💦


今回その価格帯のオイル(ナロードLise5W-30EVO)が届いたのでさっそくベンリィに入れてみました。


ライズは普段クルマに入れているオイルなので良さは分かっているのですが、ベンリィに使うのは初めてなのでまずはライズのみを試してみました。


感想はクルマでの使用と同じく、普通に良いというものでした。(笑) この価格でこのフィーリングはものすごくお買い得ですよ。

ただ高回転でもっとスムーズにするために有機モリブデンを入れたくなる感じですかね。

次にそこにエンジンスムーザーを7%入れてみました。期待するのは冷間時での滑らかなフィーリングと、いつも硬めに感じる四輪用エンジンオイルの粘度を下げること。


失敗したと思ったのは今入れるんじゃなくて、2、3回はライズのみの状態で通勤使用すればよかったかなと。けどまぁ分かると思います💦


エンジンスムーザーを入れることで高回転でスムーズになりました。でもこれは有機モリブデン添加でも同じこと。
自分がエンジンスムーザーに期待するのはエンジンが冷えてるときのフィーリングなので、スーパーフォアビークル程のものがあるのか気になっていたのですが、現時点ではそこそこかなぁ…という感じです。

試しに有機モリブデンを1%添加してみたら少し滑らかになった気がしますが。


ただ前回スーパーフォアビークルを入れた時は使用オイルがAZのMEG-022だったので、そういった条件を踏まえてこれから考えていこうと思います。


レーシングキングにはいつものホンダG4+有機モリブデン1%を投入。

フィーリングは相変わらずいいです。前回のオイルが柔らかかったので、それに比べると適度なトルク感があって良いです。


今回はそこにナロードさんのFRB03というFM剤を1%入れてみることに。


レーキンに使う添加剤はこういう少量で済むものがいいです。元のオイルを薄めたくないので。

そしてベンリィのように冷間時のフィーリングではなく、エンジンが暖まった状態でのフィーリングを重視します。


ちなみにFRB03の素材が何であるかは説明書にしか書いていないのでここでは言えませんが、ググってみるとMoto2やMoto3で有名なあのオイルメーカーも有効性を認めている素材でした。


ホンダG4+有機モリブデンがかなりいい状態なので、そこから変化するのか疑問だったのですが、確かな変化があって驚きました。


滑らかさのフィーリングをG4のみが100分の1だとすると、有機モリブデンを添加したら120分の1になり、今回のFRB03添加で135分の1になった感覚です。

有機モリブデンを入れることでエンブレを効かせた時の振動がスムーズになった…からFRB03を入れたらそれがなくなった。に変わりました。怖いです。(笑)
そう、ちょっと怖いので添加剤を試すのはこれで終わりにしようと思うくらい。(笑)

少量添加で済むものですが、値段は有機モリブデンほど安くはないですし。

あと5回分は残っていますが、その後も使うかはまた考えたいと思います。


↓峠道でも素晴らしいフィーリングでした。ウルトラスムーズ。もうレーキンのオイルはこれで決まりかな。


それにしても……最近試している添加剤は湿式クラッチなら滑る可能性があるもので、スクーターだからこそ使え、尚且つ少量で効果があったので優越感に浸れたりするのですが、スクーターレースをやってる頃にこういった添加剤と出会っていたら良かったのになぁと思います。


だからといってタイムや成績が変わったとは思えないけど、気持ち的にですね。
ライバルだった某デブの改造シグナスは直線でメッチャ速かったし…。あ、デブっていうのは愛を込めての敬称ですよ💦普通にあの人とか言ってもつまらないでしょ!?


そんなこんなでスクーターに対するオイル考でした。

走り初め

走り初めというほど大それたもんじゃないですが、夕方に「いつもの峠道」を走ってきました。


やっぱりツナギの方が走りやすいかな…。

夕方チョイ走り

洗車してから乾かすために走らせてたら「いつもの峠道」を走りたくなってしまったので急遽行ってきました。


まぁ特に何もなく、いつも通り楽しく乗れました。(笑)

今日もツナギを着て行きました。やはり一度あの動きやすさを味わってしまうとやめられません。

レザージャケットとレザーパンツでも十分なのですが、時々お腹が締め付けられる気がします。


あと今日はハンドルカバーとレザーグローブでも指先が冷たくなったのがショックだったなぁ…。これ以上厚いグローブは操作性が落ちるから装着したくないです。といってもCBRの時は普通にウィンターグローブを使っていたのですが。


それと…最近またレーキンの純正サスを試したいかも。ツナギの重量のせいか?体重が増えたせいか?乗り方(走行ライン)が少し変わったせいか、コーナー進入時の旋回性の無さが気になるようになりました。まぁ旋回性がありすぎるより100倍いいんですけど。


なので次はサス交換とか、タイヤ交換かなぁ。ん?タイヤが摩耗したせいなのか!?

段差削りシート

公道レーキン用に段差を削ったシートを新調したので感触を試すために夕方の「いつもの峠道」を走ってきました。


今まで付けていたサーキットレーキン用のシートは後ろの部分も結構削ってあったのですが、今回は段差のみを無くし、それ以外は極力そのままにしておきました。それに加え、削ってない部分にもシリコンシーラントを塗ってみました。固くなるかなと思って。(笑)


実際には固さは変わりませんでしたが、シート高が少し上がったおかげで足の窮屈さが少し解消されました。コーナリングのフィーリングも悪くないし、路面が遠く感じることもないのでこれでいこうと思います。


ちなみに加工途中のシートの写真を撮るのは忘れました💦


ところで今日はなんとなくレーシングスーツを着ていったのですが、その動きやすさが気持ちよく乗れた要因かもしれませんね。ていうかまだ着れてよかったです。

ナロード Comp-Raptor

↓ワンパターンな写真の撮り方ですね…

9月のセールの時に購入してあったナロードさんのComp-Raptorをオイル交換したばかりのベンリィに添加してみました。毎日乗ってるベンリィが一番違いが分かるので。


でもこういう類の添加剤(添加量が10%くらいのタイプ)って、あまり好きじゃないんですよね。なんか、それらしい名前をつけて利幅を大きく取ってそうだから。(笑)


なにより元々のお気に入りのオイルに10%も別のものを混ぜたくないです。


しかも溶媒としてのエンジンオイルが「鉱物油」なんて書かれていると…合成油を好んで入れてる人にとっては耐え難いと思うんですよね。(今回のエフェクターではなく、ホームセンター等で売ってるお手頃価格の添加剤のこと。効果あるけど。笑)

ただワコーズのスーパーフォアビークルみたいなちょっとお高い添加剤は化学合成油を使っているのでその辺は納得できますね。


さてナロードさんのエフェクターと呼ばれるこの添加剤はマニア度が高く、ストイックな印象を持ちます。


ちなみに今回のComp-Raptorはエフェクターシリーズの中でも一番低粘度です。といってもワコーズのスーパーフォアビークルよりは硬いのですが、そっちはエンジンオイルで割っているのに対してエフェクターは……分かりません。(笑) 他のエフェクターは硬いものが多いので溶媒としてエンジンオイルは使っていない、または必要最低限しか使ってない印象です。



さぁComp-Raptorの効果のほどは…遅効性とのことなので入れ始めだけで判断することなく、とりあえず2週間(約100km)乗ってみました。本当はもっと乗り込んだり、使い続けてから判断するタイプの添加剤なんでしょうけど、我慢できないので今回とりあえずとして書き留めておきます。


体感できる効果は…今のところ大きな変化はないです💦 いや、微妙にある気がするのですが、リピートを決意させるほどではないです。


昔ナロードさんのデモオイルのHTHS530Rを入れた時は高回転でとても良いフィーリングがあって、今回もそんな感じになるのかなぁと期待していたのですが、多少はそうなった感じはするものの、大きな変化は無し…。

エステルが効いてるのか、コールドスタート時の滑らかさも感じますがスーパーフォアビークルほどではないかな…。


ま、まぁ添加するオイルや車両との相性もあるでしょうからね💦

人によってはエフェクター無しには戻れないらしいし。


しかも自分の場合はスーパーフォアビークルを2回ほど使った後だし、まだ使い始めなので今後は分かりません。あと数回分残ってるし。でもベンリィにはもう使わないかも💦


実は今のところは体感できなくて残念なのと同時に安心もしてます。毎回入れたいくらいに効果があったらコスト増になるので。(笑)


コストの面と元々のオイルを薄めないという意味では、たった1%ほどの少量添加で速効性のあるFM剤が好きです。有機モリブデンとか。湿式クラッチ車ではクラッチが滑る恐れがあるくらい潤滑性があるやつ。


実はそんなFM剤をナロードさんに発注済みです。(笑)


それが有機モリブデン並みに体感できたらいいなぁと思ってます。添加剤関連を試すのはその辺がひとつの区切りだと思っているので。


というか通勤や街乗りにおいてはワコーズのスーパーフォアビークルの感触が良すぎるので、ベンリィには4リッターで2,500円前後のの安い合成油にスーパーフォアビークルを入れるようにしようかなと思ってます。