スクーピーのタイヤ交換など

先週のハンドルグリップ交換時にリアタイヤのスローパンク(1週間で0.5キロ抜けるくらい)を発見したのですが、パンク修理する気になれないくらいにタイヤが摩耗&劣化していたのですぐにタイヤを発注して今日交換しました。

この手のタイヤ交換は某「元タイヤマン」さんに頼もうとしていたのですが、今回はその他にも施さなければいけない整備があったので自分でやりました。

その他の整備とは…ブレーキシューの交換とエンジンオイルの交換、あと細かい所としてナンバープレートの錆びたネジの交換やクーラントの補充。

まずはタイヤなのですが、今回はダンロップのD307にしました。価格も安い方だし。ていうかたしかにネットは安いですよね…。ネット通販が小売店を苦しめているのはどんな業種でもそうだと思いますが、タイヤって自分で交換するにはわりとハードルが高いと思うんですけどねぇ。エンジンオイルとは違って。

でも元タイヤ屋さん曰く、そういう人が増えたらしい…。あとネットで安く買って持ち込みたいとか。

自分が通っていたタイヤ屋さんはネットほどは安くはないだろうけど量販店よりは安いし、何より仕事が丁寧だったので閉店してしまって残念です。

さて今回のタイヤ交換ですが、元々履いていたタイヤ(IRCのトゥクトゥク)よりD307の方が明らかに剛性があり、そして重いのでそれらがどんな違いを生み出すのか興味が湧きました。

以前ベンリィにD307を履かせた時はブレーキングしながらの倒し込みがスムーズなのが好印象だったのですが、それはこの剛性のおかげだったのかもしれませんね。

しかし今回は足回りが貧弱なスクーピーだし、何よりオーナーはそんな走り方はしないのでどう感じてしまうのか。はたまたハンドルグリップと同様に言わなきゃ何も気づかないのか。(笑)

まぁ気づく気づかないは道楽な領域なのでどうでもいいんですけどね。今回は安全性を第一に考えての交換なので、それさえ達成できれば。

でもやっぱりバイクマニアとしては違いを感じればそれを聞きたくなりますけどね。(笑)

自分のインプレはまた後で。

お次はブレーキシューの交換。キーキー鳴るから減ってるのかと思いきや、そんなに減ってませんでした💦ドラム(ホイール)の方かも?

しかし今回はデイトナの青い奴を選んだのでストッピングパワーが上がることに期待。

次はエンジンオイルの交換。

ワコーズのスーパーフォアビークルを混ぜた全合成油。(笑) リッチですね…。

スクーピーのエンジンはウルトラスムーズなのでエンジンオイルの違いがあまり分かりません。(鉱物油と全合成油ぐらい違えば分かるけど。)

次はナンバープレートの錆びたネジを交換したのですが、あれってナンバー発行時にネジを付けてくれるのは親切で良いのですが、ステンではないので長期間付けると錆びるのが問題ですよね。このスクーピーのように屋外駐車(ていうか雨ざらし)だと特に。

最後にクーラントを補充して終わり。クーラントもそのうち全交換しないといけないかな。


で、ナラシがてらに市街地と某梶原山を走ったのでタイヤとブレーキシューのインプレ。


タイヤはすごく良いです。以前ベンリィにこのタイヤを履かせた時はアンダーステアに感じたので、他のサイズも同じようなフィーリングなら10インチでクイックなハンドリングな車両に付ければちょうどよくなるなと思っていました。

今回はその予想が的中して、ナチュラルなハンドリングになりました。セルフステアが穏やかで非常に自分好みです。


ただオーナーがどう思うのかは分かりませんけど。そういえば以前ベンリィに乗せた時に曲がらないと言っていて、自分はそれをセルフステアの効きが悪いということだと思いニヤリとしたのですが、よくよく聞くと前の箱がハンドルとは違って車体に固定されているので視界の中で動かない違和感のことを言っていたみたい…。


なので今回のタイヤの違いは分からないでしょう。(笑) でも本人が何も気づかなくても安全性は上がったのでOKです。

でも嬉しいことにヘルメットの違いは分かるようになってくれたらしく、今はSHOEIを使っているのですが昔使っていた安物ヘルメットのペラペラ感に恐怖を感じているらしいです。

アライやショーエイに慣れるとそうなりますよね。安物ってマジで衝撃がそのまま頭に来そうな感じですもんね。


ブレーキシューは…街乗りでは以前より強力になり、良くなったと思います。

山道の下りでフルブレーキングしてみた時は予想以上に止まらなくて壁に張り付きそうになりましたが(笑)、まだアタリが出てなかったか想定外使用だったということにしておきます。ブレーキの径が小さいですからね…。


そして前後連動ユニットのスプリングに握力を奪われる感覚がすごく嫌です。

自分がスクーピーのオーナーだったら間違いなくディオのフロント回りを移植すると思います。


ということでいつものように長くなりましたが、これでタイヤとブレーキに対する不安はなくなりました。次はオイル滲みの修理とヘッドライト回りのガタの改善、そしてフォークのOHかな!?

クレアスクーピーのグリップ交換

自分が乗るわけではない車両ですが…以前から押し引きした時にプラスチック化したグリップが気になっていたので交換しました。

…チェーンやタイヤを見ればライダーのレベルが分かると言いますが、グリップもそうですよね💦

今回は人のバイクというわけで、念のためグリップボンドを使用しました。
あと下敷きを切ってグリップとスロットルケースの間に入れておきました。
というのも新しいグリップ(ウェビックオリジナルのTZタイプ非貫通115mm)が純正より少し長かったのでそこの隙間が狭くなったから。

次は110mmのグリップにしよう…といっても次があればの話ですが。というのもこのスクーピーはもう10年くらい乗ってるし、走行距離もおそらく5万勸幣紊肋茲辰討襪隼廚い泙后なのでそろそろお金のかかる故障が発生し、いわゆる買い換えのタイミングが訪れるんじゃないかと。


まぁエンスージアストなら部品が出る限り直しながら乗りますけど一般の人は出先での故障とか、高い修理費がかかるなら買い換えますよね。


3年半前に施した整備(主に駆動系)の甲斐もあって調子は悪くはないのですが、オイルにじみもあるし、ヘッドライトのハイ/ローの接触が悪いときがあります。
後者はたぶんコネクターだとは思いますが。

そのヘッドライトは固定方法が気に入らないんですよね。ベンリィやレーキンのようにフレームと繋がった金属のステーで固定されているわけではなく、樹脂製のカウルに固定されてるから。

さらにこの個体はその中のひとつのネジ穴が過去の転倒によってダメージを受けており、機能してないです。
おかげでヘッドライト周辺は微妙にガタがある状態。

まぁ一番気に入らないのはオイルダンパーではないフロントフォークですけど。

スクーピーはアルミフレームと水冷エンジンが良いところだと思いますが、鉄フレームと空冷エンジンでいいから足回りにコストをかけてほしかったです。
オイルダンパーなフォークと大径のドラムブレーキは欲しいところ。っていうのは完全に自分個人の願望ですけど。

願望ついでに言うならば、次の車両は現行の水冷50のベンリィにしてほしいなと。(笑)

まぁ見た目で却下なんでしょうけど、買い物をよくして荷物の多い女子にこそ積載力が必要だと思うんだけどな…。


あ、装着したTZグリップは素晴らしいグリップ力でした。けどこのタイプは溝が浅いし細かいから摩耗すると一気にグリップ力が落ちてしまうかもしれませんね。

ワークマンのバイク用カッパ

数年間使っていたカッパが浸水するようになったので、ワークマンのバイク用レインウェア「バイカーズ」を買ってみました。


カッパを着てても中が濡れるというなんとも無意味(むなしいだけ)な思いをしたばかりなので、今回はとにかく防水性や耐久性を重視してみました。


自転車を漕いだり、歩き回ったりするわけじゃないので透湿機能は要らないかなと。

真夏は蒸れるかもしれないけど、学生時代は透湿性能ゼロの質実剛健な学生カッパを着て自転車を漕いでましたからねぇ…。それよりはマシでしょう。


実際、素材の肌触りはわりとサラッとしてます。


気になる点は腕や足が細いところですかねぇ。真冬で厚着してる時は窮屈そう。

プロテクターが入ったバイク用ウェアの上には…着れるのかなぁ?自分は通勤や街乗り用として買ったのでそこはあまり気にしなかったし、ツーリングに行くにしても雨なら中止にするので。


でも帰り道に降られるかなというぐらいなら行くので、その時にレザージャケットやメッシュジャケットの上に着れるのかは気になります。


全体的に値段のわりには作りが良いので、出番を待ち望んでいるのですが、なかなか雨が降らず。(笑) なのでインプレはまた今度ですね。