ワコーズ 旧スーパーフォアビークルのインプレ

ワコーズの旧スーパーフォアビークルが廃盤になるらしく、近くのホームセンターで半額で売っていたので買ってしまいました。


4リッターの全合成オイル(AZのMEG-022)に1缶を添加。その効果は…明らかにシリンダーとピストンの摩擦係数が減りました!というようなフィーリングになりました。


ぬるぬるして滑らかになるのかなと思っていたのですが、そういうフィーリングとは少し違う不思議な感覚。

とにかくエンジン内の摩擦が減っている感じです。アクセルオフ時にもすごく実感できます。


高回転でもイイ感じです。添加剤にこだわっている島根のオイル屋さん、ナロードのHTHS530Rを少し思い出します。あっちの方がより高回転で回せ回せと言ってきますけど。


あとは冷間時にもエンジンがよく回るのも印象的です。コールドスタートに強い感じ。


とまぁ色々と良くはなったのですが、正直そこまで激変したというわけではないし、価格を考えると毎回絶対に入れたいとまでは思わないかな。今回は半額だから良かったんですけど。


それだけ今まで使っていたオイル(全合成+有機モリブデン)のバランスが良いということですね。


ちなみにモリブデンをさらに足してみたら何か変わるのかなと思い、そうしてみたのですが何も変わりませんでした。高回転でさらによくなった気がしますがたぶん気のせいです。(笑)


というわけで少し安心しています。これなしでは我慢できなくなったらコスト的にどうなのかなと思うので。でもこれが入ってないオイルに戻したときに良さを再発見してしまうのかもしれませんが💦

スクーピーのタイヤ交換など

先週のハンドルグリップ交換時にリアタイヤのスローパンク(1週間で0.5キロ抜けるくらい)を発見したのですが、パンク修理する気になれないくらいにタイヤが摩耗&劣化していたのですぐにタイヤを発注して今日交換しました。

この手のタイヤ交換は某「元タイヤマン」さんに頼もうとしていたのですが、今回はその他にも施さなければいけない整備があったので自分でやりました。

その他の整備とは…ブレーキシューの交換とエンジンオイルの交換、あと細かい所としてナンバープレートの錆びたネジの交換やクーラントの補充。

まずはタイヤなのですが、今回はダンロップのD307にしました。価格も安い方だし。ていうかたしかにネットは安いですよね…。ネット通販が小売店を苦しめているのはどんな業種でもそうだと思いますが、タイヤって自分で交換するにはわりとハードルが高いと思うんですけどねぇ。エンジンオイルとは違って。

でも元タイヤ屋さん曰く、そういう人が増えたらしい…。あとネットで安く買って持ち込みたいとか。

自分が通っていたタイヤ屋さんはネットほどは安くはないだろうけど量販店よりは安いし、何より仕事が丁寧だったので閉店してしまって残念です。

さて今回のタイヤ交換ですが、元々履いていたタイヤ(IRCのトゥクトゥク)よりD307の方が明らかに剛性があり、そして重いのでそれらがどんな違いを生み出すのか興味が湧きました。

以前ベンリィにD307を履かせた時はブレーキングしながらの倒し込みがスムーズなのが好印象だったのですが、それはこの剛性のおかげだったのかもしれませんね。

しかし今回は足回りが貧弱なスクーピーだし、何よりオーナーはそんな走り方はしないのでどう感じてしまうのか。はたまたハンドルグリップと同様に言わなきゃ何も気づかないのか。(笑)

まぁ気づく気づかないは道楽な領域なのでどうでもいいんですけどね。今回は安全性を第一に考えての交換なので、それさえ達成できれば。

でもやっぱりバイクマニアとしては違いを感じればそれを聞きたくなりますけどね。(笑)

自分のインプレはまた後で。

お次はブレーキシューの交換。キーキー鳴るから減ってるのかと思いきや、そんなに減ってませんでした💦ドラム(ホイール)の方かも?

しかし今回はデイトナの青い奴を選んだのでストッピングパワーが上がることに期待。

次はエンジンオイルの交換。

ワコーズのスーパーフォアビークルを混ぜた全合成油。(笑) リッチですね…。

スクーピーのエンジンはウルトラスムーズなのでエンジンオイルの違いがあまり分かりません。(鉱物油と全合成油ぐらい違えば分かるけど。)

次はナンバープレートの錆びたネジを交換したのですが、あれってナンバー発行時にネジを付けてくれるのは親切で良いのですが、ステンではないので長期間付けると錆びるのが問題ですよね。このスクーピーのように屋外駐車(ていうか雨ざらし)だと特に。

最後にクーラントを補充して終わり。クーラントもそのうち全交換しないといけないかな。


で、ナラシがてらに市街地と某梶原山を走ったのでタイヤとブレーキシューのインプレ。


タイヤはすごく良いです。以前ベンリィにこのタイヤを履かせた時はアンダーステアに感じたので、他のサイズも同じようなフィーリングなら10インチでクイックなハンドリングな車両に付ければちょうどよくなるなと思っていました。

今回はその予想が的中して、ナチュラルなハンドリングになりました。セルフステアが穏やかで非常に自分好みです。


ただオーナーがどう思うのかは分かりませんけど。そういえば以前ベンリィに乗せた時に曲がらないと言っていて、自分はそれをセルフステアの効きが悪いということだと思いニヤリとしたのですが、よくよく聞くと前の箱がハンドルとは違って車体に固定されているので視界の中で動かない違和感のことを言っていたみたい…。


なので今回のタイヤの違いは分からないでしょう。(笑) でも本人が何も気づかなくても安全性は上がったのでOKです。

でも嬉しいことにヘルメットの違いは分かるようになってくれたらしく、今はSHOEIを使っているのですが昔使っていた安物ヘルメットのペラペラ感に恐怖を感じているらしいです。

アライやショーエイに慣れるとそうなりますよね。安物ってマジで衝撃がそのまま頭に来そうな感じですもんね。


ブレーキシューは…街乗りでは以前より強力になり、良くなったと思います。

山道の下りでフルブレーキングしてみた時は予想以上に止まらなくて壁に張り付きそうになりましたが(笑)、まだアタリが出てなかったか想定外使用だったということにしておきます。ブレーキの径が小さいですからね…。


そして前後連動ユニットのスプリングに握力を奪われる感覚がすごく嫌です。

自分がスクーピーのオーナーだったら間違いなくディオのフロント回りを移植すると思います。


ということでいつものように長くなりましたが、これでタイヤとブレーキに対する不安はなくなりました。次はオイル滲みの修理とヘッドライト回りのガタの改善、そしてフォークのOHかな!?

クレアスクーピーのグリップ交換

自分が乗るわけではない車両ですが…以前から押し引きした時にプラスチック化したグリップが気になっていたので交換しました。

…チェーンやタイヤを見ればライダーのレベルが分かると言いますが、グリップもそうですよね💦

今回は人のバイクというわけで、念のためグリップボンドを使用しました。
あと下敷きを切ってグリップとスロットルケースの間に入れておきました。
というのも新しいグリップ(ウェビックオリジナルのTZタイプ非貫通115mm)が純正より少し長かったのでそこの隙間が狭くなったから。

次は110mmのグリップにしよう…といっても次があればの話ですが。というのもこのスクーピーはもう10年くらい乗ってるし、走行距離もおそらく5万勸幣紊肋茲辰討襪隼廚い泙后なのでそろそろお金のかかる故障が発生し、いわゆる買い換えのタイミングが訪れるんじゃないかと。


まぁエンスージアストなら部品が出る限り直しながら乗りますけど一般の人は出先での故障とか、高い修理費がかかるなら買い換えますよね。


3年半前に施した整備(主に駆動系)の甲斐もあって調子は悪くはないのですが、オイルにじみもあるし、ヘッドライトのハイ/ローの接触が悪いときがあります。
後者はたぶんコネクターだとは思いますが。

そのヘッドライトは固定方法が気に入らないんですよね。ベンリィやレーキンのようにフレームと繋がった金属のステーで固定されているわけではなく、樹脂製のカウルに固定されてるから。

さらにこの個体はその中のひとつのネジ穴が過去の転倒によってダメージを受けており、機能してないです。
おかげでヘッドライト周辺は微妙にガタがある状態。

まぁ一番気に入らないのはオイルダンパーではないフロントフォークですけど。

スクーピーはアルミフレームと水冷エンジンが良いところだと思いますが、鉄フレームと空冷エンジンでいいから足回りにコストをかけてほしかったです。
オイルダンパーなフォークと大径のドラムブレーキは欲しいところ。っていうのは完全に自分個人の願望ですけど。

願望ついでに言うならば、次の車両は現行の水冷50のベンリィにしてほしいなと。(笑)

まぁ見た目で却下なんでしょうけど、買い物をよくして荷物の多い女子にこそ積載力が必要だと思うんだけどな…。


あ、装着したTZグリップは素晴らしいグリップ力でした。けどこのタイプは溝が浅いし細かいから摩耗すると一気にグリップ力が落ちてしまうかもしれませんね。

ワークマンのバイク用カッパ

数年間使っていたカッパが浸水するようになったので、ワークマンのバイク用レインウェア「バイカーズ」を買ってみました。


カッパを着てても中が濡れるというなんとも無意味(むなしいだけ)な思いをしたばかりなので、今回はとにかく防水性や耐久性を重視してみました。


自転車を漕いだり、歩き回ったりするわけじゃないので透湿機能は要らないかなと。

真夏は蒸れるかもしれないけど、学生時代は透湿性能ゼロの質実剛健な学生カッパを着て自転車を漕いでましたからねぇ…。それよりはマシでしょう。


実際、素材の肌触りはわりとサラッとしてます。


気になる点は腕や足が細いところですかねぇ。真冬で厚着してる時は窮屈そう。

プロテクターが入ったバイク用ウェアの上には…着れるのかなぁ?自分は通勤や街乗り用として買ったのでそこはあまり気にしなかったし、ツーリングに行くにしても雨なら中止にするので。


でも帰り道に降られるかなというぐらいなら行くので、その時にレザージャケットやメッシュジャケットの上に着れるのかは気になります。


全体的に値段のわりには作りが良いので、出番を待ち望んでいるのですが、なかなか雨が降らず。(笑) なのでインプレはまた今度ですね。

楽しみ(エンジンオイル)

オイルは今現在ホンダのG4に有機モリブデンを添加したものが最高なのですが、今後も色々試していこうと思います。まずはガルフのアローとAZのMEG-022。

まぁレーキンはずっとG4のままでいいのですが…必要量がちょうど1リッターですし。

ただベンリィの方はG4ではなく他のオイルにしたいところ。G4ではオーバーな気がするし、湿式クラッチ車では試せないようなオイルを色々試したいから。
あとはG4は1リッター缶で購入しているのですが、それだとゴミが多く出るのが気になるんですよね。20Lペール缶は量が多すぎるし。4リッター缶があればいいのですが。


理想はベンリィにもレーキンにも使う気になる良いオイルが見つかることです。G4の価格と同じかそれ以下で。


今回のガルフのアローとAZのMEG-022はお試しなので1リッターを購入したのですが、4リッターサイズならG4より安いです。


ガルフのアローは有機モリブデンが入っているということなので、後からそれを添加する必要がないかも!?という事と粘度指数が高い所が期待できます。


ガルフは商品説明が他の大手メーカーのように抽象的ではないのがいいですね。

AZはネットでの評判が良い、2輪用の格安オイルです。MAということなので後からモリブデンを足したら変化が大きいかも。

G4と同等のフィーリングだというレビューがあったので期待してしまいます。


両方のオイルのインプレが出来るのは…3ヶ月後ぐらいですね💦

明けましておめでとうございます。

2018年、萌え。(笑)

年始はちょっとした事情で秋葉原に行ったのですが、色々勉強になりました。(笑)

まずメイドカフェは色んな種類があって、バイクに例えるとネイキッドバイクといっても多種多様であるように、萌え萌えきゅーんなエンターテイメント系をSSのエンジンを積んだストファイだとすると、ロングスカートで変に話しかけてこないクラシック系は空冷エンジンでスポークホイールを履いた落ち着いたネイキッドですね。


自分はネイキッドバイクはイケイケなストファイが好きですが、メイドカフェは普通のカフェ然としたクラシック系がいいですね。(笑) 入場料を取らない所がほとんどですし。


エンターテイメント系が好きな人もいますし、それはそれでいいとは思いますが自分が行った所は押し売りが強くてトラウマになりました。(笑)

押し売りは全てかわしましたが入場料がありますし、評価が厳しくなりますね。

エンターテイメント系で一番有名な所には行ってないのですが、そこの方がなんとなく誠実な感じがします。行ってないから分かりませんけど…。


あと、ノマドワーカーという言葉も知ったのですが、ノマドワーカーにクラシック系のメイドカフェが合っているというのも納得できました。


↓でも自分が一番きゅーん!ときたのはこのお店。

ネジ屋さん萌え…。静岡にも欲しいですよ、ネジ屋さん。あるのかな?

ネジじゃないですけど、自分は公道用レーキンにシグナス純正サスをつける際にはホームセンターでは売ってないサイズのワッシャーをネットで取り寄せましたから。

ネット通販もいいですけど、実際に見て買うのが一番ですよね。


↓あと気になった場所の写真3枚。



一枚目はバイク駐輪場。値段が高いです。最初はベンリィで東京に行こうと思ってたのですが、時間の問題と駐輪場の値段の高さから辞めてしまいました。都内に住んでる人でさえバイクは使わないくらいですからね。まぁ交通網が発達してるからそうなっちゃいますよね…。バイク乗りとしては寂しいです。


でもいつかベンリィで遠出したい!


2枚目は信号があってもよさそうなのに何故か無い横断歩道。

都会はこういうの完璧だと思っていたので意外です。片側2車線で交通量もそこそこあるから結構怖いです。


3枚目は秋葉原にある小学校。秋葉原という特殊な街を子供が通学するというのはどうなんだろうか…?


↓ラブライブの相当な聖地でもあるらしい神社にも行ってきました。

すごい参拝の列で、都会はすごいなーと思いました。


秋葉原はそこで働いてる友人も「特殊な街」と言っています。

メイドカフェノマドのプロの方のブログ(http://www.maid-cafe.work)でも秋葉原のことを個人の趣味を大事にする空気があり、人の趣味を否定しない、自分の趣味を隠さないのがアキバ文化だと言っています。


自分はオタクでもないし、電化製品も特に今は欲しいものがなかったので今回はホントにメイドカフェ以外は行く場所がなかったのですが(笑)、そういう雰囲気は趣味人、もとい道楽者の自分には合っているのかもなぁと思いました。実際クラシック系のメイドカフェは居心地が良かったです。燈幻郷とか。(http://tougenkyoumaid.com/index.html)

メイドカフェというと地方では「萌え萌えきゅーん」なイメージがあると思いますが、全くそうではないお店もあるんですよね。

「お帰りなさいませ」と「行ってらっしゃいませ」はどこも共通のようですが。(笑)


ここまで書いてきて、バイカーズカフェツインズのママさんに「行ってらっしゃい、気をつけてねー」と言ってもらっていたことを思い出しました…。

ツインズ、最高でした。宝くじが当たったらバイク乗り優遇のメイドカフェを開こうと思います。(笑)


↓静岡に帰ってきて、走り初めはベンリィで。(たまたまです。笑)

やっぱ静岡が一番良いなぁ。

リベンジツーリング

↓こんな感じのカーブが多いです。膝擦り目的には良さそう。

再び富士見パークウェイに行きました。(笑)

いや前回は薄暗くなってからの走行だったし、帰りが寒さでやられたので今度はちゃんと明るい時間帯でここを評価しようというのと、帰りの寒さを打ち負かそうと。


寒さに関しては、まぁ明るいうちに帰ったというのもあるかもしれないけど、ちゃんとした装備のおかげで行きも帰りも高速を走ることができました。当然寒いには寒いですけどね。ガタガタ震えたりトラウマになるレベルては全然無かったです。前回のリベンジができました。ツーリングがツラい思い出のままっていうのは嫌ですからね。(笑)


富士見パークウェイは残念ながら前回と同じ感想でした。(笑) リズムよく、流れるように走れる場所ではないですね…。


↓せっかくなので近くにある世界遺産、韮山反射炉にも行きました。

ここもまぁ…な、なんとも…。(笑)


↓帰りは日没ギリギリに「いつもの峠道」に寄りました。

走り慣れているからか、気持ちよく走れました。昔はあんまり好きじゃなかったのにね…。やはり慣れですかね。


そんなこんなで伊豆方面に行くのは今年はこれが最後ですね。寒すぎます。(笑) 富士見パークウェイの上の方は粉雪が舞ってたし。

新しいハンドルカバーのインプレ

新しいハンドルカバー、とてもいい感じです。何もプリントされていないので地味なんですが。(笑)


OSS ( 大阪繊維資材 ) ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー ブラック 保温性抜群 WNHC-03


というもの。ベンリィで試してからレーキン用にも買いました。

今まではコミネのネオプレーンだったのですが、透明なビニール窓の部分が硬くなって破れ、それでもそこを補修して使っていたのですが他に穴が空いてきたので買い換えました。


コミネのように透明な窓なんていらないんですよね。ウインカーとか出すときはそこを見るわけじゃないし。


このOSSのはそんなものがないので安心です。その代わりウインカーボタンに触れる部分が薄くて、それ自体は操作しやすくてよいのですが、耐久性が気になるところです。


2シーズン持てばOKですが、3シーズン持ったら最高です。

ホンダG4と有機モリブデン

JUGEMテーマ:車/バイク

これからも色々なオイルを試すつもりではいますが、いま最高だと思っているのがこの組み合わせ。ホンダG4に有機モリブデンを1%添加したもの。湿式クラッチを持たないスクーターだからこそ出来ることなのですが、この組み合わせにもっと早く出会いたかった、と思うほど良いフィーリング。値段もモリブデン込みで1リッター1700円ぐらいかなぁ?(ネット価格) この価格帯ではトップクラスの性能のはず。

 

実はベンリィのオイルを早々にG4に変えてしまいました。(笑) 結果、低回転からウルトラスムーズになりました。けどそれまで入れていたオイルも中回転以上の盛り上がりが好きで、それがなかなか忘れられません。優等生なG4とは違って、回せよ、回せよと訴えてくる感じ。(笑) 記録より記憶に残るタイプですね。価格帯もG4より低いし。

 

なので価格帯をG4に近づければ良いオイルがまだまだあるはず。G4+モリブデンが最高!と思いながらも他にも興味があります。MAのオイルにわざわざモリブデンを足すっていうのもどうかと思いますしね。それだったら最初からモリブデン等が入っていてミッション車(湿式クラッチ車)には絶対使えないようなよく滑るオイルの方がいいですよね。それが存在するのなら・・・!

ガルフのアローに高価な添加剤を加えたやつとかどうなんだろ? まぁあんまり添加剤てんこ盛りなのもどうかと思いますけどね・・・。あと、1リッター2000円以内が条件です。


あ、それから今日はベンリィのギアオイルも交換しました。忘れないように書いておきます。(笑)

パワーミルクのインプレ

JUGEMテーマ:車/バイク

最近オイルやら添加剤にハマっているわけですが、その流れとしてルート産業のパワーミルクを車に入れてみました。結果、鉱物油が部分合成油のようなフィーリングになりました。いいと思います。でも鉱物油にパワーミルクを入れる費用がグループ靴離イルのそれと同じなら後者を選ぶと思います。元々添加剤は良いオイルをさらに良くするものだと考えているので。

 

グループ靴箸いΩ斥佞盧廼甞个┐燭錣韻任垢、安くて良さそうなのがたくさんありますね。車には次はグループ靴離イルを入れてみたいです。

ただグループ靴藁匹い箸六廚い泙垢、100%化学合成油(グループ検↓后砲畔兇蕕錣靴ど充┐鬚靴討い襪發里蝋イになれないです。グループ靴紡个靴動いイメージは全くないのでちゃんとグループ靴班充┐靴討曚靴い任后その点SKルブリカンツという韓国のオイルメーカーはグループ靴箸呂辰りと表示してあり、分かりやすくて潔いなと思いました。

ことネットにおいては韓国は色々と叩かれがちですが、こういう所は良いと思います。あとパチンコ禁止なところとか。

 

添加剤は他にワコーズのスーパーフォアビークル等が気になるところではありますが、この手の添加剤は値段が高かったり、添加量が10%と多いのがネックです。高価なら最初から高いオイルを使えばいいと思ってしまうし(そもそも予算オーバー)、量が多いのはせっかくの良いオイルが薄まってしまいそうなのが嫌。

なので今使っている有機モリブデンは安いし添加量も1%と少ないので気に入ってます。それでいて効果があるし。