ツインズカップ

JUGEMテーマ:車/バイク

普段のサーキット走行では出会わない人やマシンに出会える素敵な走行会、ツインズカップに今回も参加してきました。自分は相も変わらず走ってイジって走ってイジっての繰り返し・・・。(笑)

今回はフォークをずっとイジってました。加工したシートパイプに15番のオイルでスタートしてみたところ、伸びは特に問題ないものの、圧側が効きすぎていた感じがしました。沈んでほしい時に沈んでくれないし、沈み込みが遅いので接地感がない感じ。
体力が落ちていたので自分の感覚に自信が持てなかったのですが、昼休みに圧側の穴を拡大してみたらフロントの接地感が出てすごく良くなりました。ただちょっと穴が大きかったかな?という感じだったので、そのあと20番のオイルを入れたところさらに良いフィーリングになり、前回のように伸び側を強くしたいという気持ちも生まれなかったのでとりあえずフォーク自体はこのぐらいでいいと思います。


撮影:カイさん

あとはリヤサスの落ち着きの無さが気になるようになったのでそれを改善しなければいけませんね。まぁ改善点はその他にもたくさんあるのですが・・・。スクーターって、難しい。

それと言い訳なのですが・・・今日は元々の体力不足に加え前日のハイキングの疲れと筋肉痛で身体がボロボロでした。前日のハイキングはほどほどにする予定だったんですけどね。(笑)
そもそも2月にインフルエンザにかかってそこからぎっくり腰が1ヶ月半にわたって続き、転職の忙しさも加わったのでバイク、特にサーキット関係には心身ともに準備ができていませんでした。体力不足でヒーヒー言いながらのサーキットはつらいですね。(笑) まぁ転倒なく楽しめたのでヨシとします。じゃないと本格的にサーキットから遠のいてしまうので。

自分が弱ってる様子は・・・違いが分かる男、RYO君にもすぐにバレてしまい、小さく見えると言われてしまいました。(笑) 当たってます。

サーキット用レーキンを仕上げるにはまだまだ時間がかかりそうですが、とりあえずサーキットを走る時は体力を確保したいです。(笑)

シートパイプ加工

JUGEMテーマ:車/バイク

サーキット用レーキンに装着しているシグナスフォークのシートパイプの穴の径を変更してみました。自分では溶接できないので作業はPファクさんにお任せしましたが。

このメニューは次回のサーキット走行のために1番やっておきたいことだったのですが、その理由は前回の走行時にフロントの伸び側減衰を強めたいと思ったから。圧側は特に不満なし。

それならば上の穴(伸び側)だけ小さくすればよいのですが、使っているフォークオイルは30番だったので、それを10番や15番にしたいと思い下の穴(圧側)も小さくしました。30番のフォークオイルはそこら辺のお店では在庫がないし、値段も高いのばかりですから・・・。

穴の大きさを決めるのには結構迷いましたが、昔NSF100のシートパイプが気に入っていたのでそれを参考にして、減衰力に不満を感じたら現地でバラして穴を拡大することにしました。
ちなみに加工前のシートパイプの穴の寸法は上が2.0×2で、下が4.5×4でした。上の穴は想定内だったのですが、下はあんなに大きい穴が4つも空いてるなんて思いませんでした。

加工後は上が1.0×2で、下が2.0×2です。オイルは15番から始めて減衰力(特に圧側?)に不満を感じたら穴を拡大します。
しかし組み上がったでフォークを押してみた感触では加工前のシートパイプと30番のフォークオイルの組み合わせと比べ、圧はそこまで変化を感じないものの、伸びは確実に強まっている感じでした。

たしかNSF100もそんな感じだったのでイイ感じといえばイイ感じなのですが、実際に走ってみてどう感じるかが心配でもあり楽しみでもあります。伸び側を強めたくなって、最終的には20番のオイルを使うことを予想して手配したのですが、逆に減衰力過多で10番を使うことになるかも!? サスペンションダイナモにかけて数値を出したり、グラフ化してみたいものです。しかしまぁ実際に走ってみないと分かりませんからね。楽しみです。

ということで5日のツインズカップはフォークの様子をみたり作業することで一杯一杯になりそうです。それ以外にはハンドルグリップの交換ぐらいはやりたいですね。とまぁいつものように走行会でのゆったりとした雰囲気を楽しみつつも、サーキット走行においては慌ただしく作業をしてるかもしれません。(笑) 今回は次の日が仕事なので決して追い込まないつもりですけどね。

2015年の振り返り 〜サーキット用レーキン編〜

JUGEMテーマ:車/バイク

レーシングキングによる2015年のサーキットライフを振り返ってみます。サーキットに行った回数は練習走行で6回、レースで3回となっており、自己ベストタイムは2014年が40秒7であったに対して2015年は39秒8と0.9秒短縮でき夢の39秒台に入れることができました。39秒台はまだ2回しか出したことがありませんけどね。

レーキンのモディファイポイントはまずリヤサスのバネを変えたこと。(笑) これはモディファイというよりただのセッティング変更ですが、タイムが上がって嬉しかったしシーズン前半では一番大きな変更点でした。で、今年一番の変更点がシグナスXのフロント回り(ブレーキ、ホイール、フォーク)を移植したこと。これによって39秒台に入れることができました。お金がかかったけど、やってよかったです。

今後はフォークとリヤサスのセッティングを詰めていくことがメインの作業になります。現状のレーキンをじっくり見つめることができるいい機会ですね。今までは改造、改造で煮詰める作業をあまりしてこなかったので。

1年間でたったこれしかやってないのかという気もしますが、シグナスのフロント移植に考察も含めて時間がかかったし、それ以外の細かい変更も白糸に行くたびに忙しくこなしていました。

さてレースの方は・・・リザルトでは3位表彰台が1回、あとの2回が真ん中ぐらいの順位で尚且つ単独走行ではなかったので全体的にレースを十分楽しめました。この単独走行ではないというのが重要で、たとえ1位をひた走っていても単独ならそれは自分が求めているレースではないですからね。まぁ無理を強いられるバトルも嫌ですけど。(笑)

レーキンでのサーキットライフを送るうえで掲げたコンセプト「エンジンにお金をかけない」というのをブレずに進めることができたのもよかったです。シグナス前足移植ではお金がかかってしまったけど、今のところレーキンには何十万という改造費はかけていませんから。20万いかないぐらいかなぁ・・・?まぁレーキン本体との合計金額で考えるとシグナスXをそこそこイジるのと同じくらいになっちゃうんですけど。

ただ本当にエンジンにお金をかけずにここまで楽しめたのでよかったと思います。スリップオンサイレンサーを付けて、最近やっとプラグをイリジウムにしたぐらい。最初から水冷だし、チューニングエンジンよりはランニングコストもかからないはず。
でもオープンクラスにおいてモンスターマシンを相手にするとさすがにパワー不足を感じてしまうんですけどね。その中でも真ん中ぐらいを走れて、周りに誰かがいて、運がよければ表彰台に登れるので悪くないと思います。

最後に、レースでも練習走行でも転倒が1回もなかったというのも良いですね。それだけ無理ができてないということかもしれませんが、マシンも人間も無事が一番ですから。ちなみにサーキット用レーキンも公道用レーキンも買ってからまだ一度も転倒してないなぁ。

最近攻めれるようになってきたのでそろそろヤバいかもしれませんが。(笑) 今後は39秒台で安定して周回できるようにしたいですね。

ツインズカップ

JUGEMテーマ:車/バイク

ツインズカップに参加してきました。いやぁ〜こんな寒いとなかなか自分からはサーキットに行かなくなってしまうのでこういったイベントがあると助かります。(笑)

個人的な内容としては水温のデータ取りやリヤサスのセッティングなどをして、来年のレースに向けて着実な準備ができました。まぁ来年は転職するのでレースに出れるのは後半になりそうですが・・・。マシンは来年一杯は今のままのパッケージで挑むので今後はこうした地道な作業の繰り返しになると思います。じっくりと煮詰めることができますね。

今日はそこまでテンションが高くなかったのですが、日頃の体力トレーニングの効果で体力的には問題なし・・・というわけではありませんでしたが、最低限の水準は維持できました。
あと後半にCBR250Rを駆るRYO君と絡むことができて少しだけ自分の殻を破ることができました。疲労の向こう側に行けました。(笑) RYO君も良いトレーニングになったと言っていたのでお役に立ててよかったです。次はもっと自分が有利な条件で走りたい。(笑)

あと自分のブログを見てGCMスライダーを装着したカイさんが良い走りをしていたのも嬉しかったです。気のせいかライディングフォームがかっこよく見えました。

↓そのカイさんが撮ってくれた写真。


そんなこんなで今回も大好きなツインズカップが終わってしまいました。皆さんの笑顔を見ることができてよかったです。スタッフの皆さまもお疲れ様でした。末永く続いてほしい走行会ですね。

水温計取り付け

JUGEMテーマ:車/バイク

サーキット用レーキンはサーモスタットを取り外してあるのですが、今更になって水温計をつけました(・_・;)
今まではわりと暑い季節だったからそこまで要らなかったんですけどね。でも前回の雨のレースで必要性を思い知らされました。
雨の中を走ってる時は純正の水温計が1目盛りだったのでオーバークールだったと思います。これからはちゃんとデータを取ってエンジンに負荷がかからないようにしていきたいと思います。

↓サイドスタンドのステーがあったところ付近のホースを切ってアダプターを付けました。

武川のメーターは物が良いと思います。今回は外部電源タイプにしたので電池交換要らず、スイッチ操作要らずで楽です。バックライトも付いてるし。(笑)

今日は水温計の取り付け以外にも、雨用のフォークを作ってから、リヤサスのスプリングを元に戻しました。次の走行が雨か晴れか分からないけど、どちらもテスト項目がたくさんあるので来年のレースに備えてしっかりと煮詰めていきたいです。

GCMスライダー

JUGEMテーマ:車/バイク

前回の敗戦を受けて今後必要な物資を調達しています。その中のひとつがこのGCMスライダー。通称「盛りヒザ」(笑) ウィズミーさんが販売しています。膝擦り初心者のための最終兵器かな!?ウィズミーさんは膝擦りキャンプとかやっていて楽しそうですよね。代表の丸山さんのキャラクターも好きです。

さてこのGCMスライダー、ドライでは1枚で、レイン走行では2枚重ねて使おうと思います。前回のレイン走行では膝が擦りにくかったせいで感覚が掴めなかったので・・・。車高を上げてるし足回りも硬かったせいで路面が遠くて遠くて。(あと気力体力の問題)

バンクセンサー2枚重ねはモトGPライダーもやってるから効果はあるはず!?

ちなみにこのスライダーは上下左右が決まっていないのでローテーションすれば最後まで満遍なく使えるのがいいですね。スクーターでは特に片減りするようになってしまったので・・・。取り外しがネジなのもグッドです。バンクセンサーのマジックテープをバリバリと剥がすの、嫌いなんで。

硬さはわりと硬い方だと思います。自分はバンクセンサーにそんなにこだわりがないので長持ちしてくれれば嬉しいです。

↓某所で試してみました。

1枚では何の問題もなし。2枚では・・・必要とする場所(1〜2箇所)ではかなりイイ感じだけどそれ以外の場所では邪魔になるだけ。(笑)

主な使用場所であるサーキット(特にウェット走行)でのインプレはまた今度。

2015 白糸ライスポカップ最終戦の動画

JUGEMテーマ:車/バイク

ピットインジンさんがアップしてくれました。ありがとうございます。今回も少しは映ることができました。(笑)

今思ってることは・・・引き続きマシンを仕上げていって、ライダーも頑張っていこうということ。あとは・・・やっぱりもう少しエンジンパワーが欲しいなぁと。「エンジンに改造費をかけない」というコンセプトのもとでは満足できる内容のサーキットライフなんですけどね。やっぱり周りのマシンが速いとちょっと気になります。

2015白糸ライスポカップ最終戦

JUGEMテーマ:車/バイク

というわけで参戦してきました。予選まではドライ路面かなーと期待していたのですが、朝からガッツリと雨が降っていたのでバイクを降ろしたらすぐにレインタイヤに履き替えました。

フリー走行は接地感があまりない感じがしてイマイチ攻められず。それでも42秒台が出てたような気がしたので「慣れの問題かなー」と思い、去年の最終戦でウェット路面を走ったときに42秒台が出ていたので「予選では41秒台をだすぞ!」と楽観的な目標を立てていました。

予選ではタイヤの空気圧を軽く抜いて挑んだのですが接地感は出たものの調子を上げられない状態に。当然タイムは全然出ず、43秒3で6番手。



走りが良くなかったのは去年より大幅に固くなった足回りのせいだ!と思い、決勝レースまでに間に前後サスをそれぞれ片側だけ柔らかいスプリングに交換しました。ついでに空気圧をフリー走行の時と同じ値に。

そんな感じで挑んだ決勝レースですが、前半はなかなかリズムが掴めませんでした。サイティングラップでの感触は悪くなったんですけどねぇ。結局ファステストは43秒1でした・・・。



スタート自体は上手く決まったのですが場所が良くなかったのか1コーナーで行き場を失い失速、自分より予選順位が下だった2台に前に行かれてしまいました。しかもその後もその2台に着いて行けずジリジリと離される展開に。途中でもう一台にも抜かれるし…。今までで一番悪い内容のオープニングラップでした。



いやー今日はダメだぁと思ったのですが、数周でリズムを取り戻し、前の2台に追いつきました。リズムを取り戻した自分にとってはその2台のコーナリングが遅かったので3周ほどかけてその2台をパス。さらに前を行くデブ、もとい(笑) ボスを追いかけたところ、追いつきました。しかしその頃には体力が限界を迎えつつありました。昨日は今日のレースのことなんか一切考えずに走りもイジりも全力で行ってしまったので…。



それでも底力を出して頑張りましたがまたしてもデブ ボスを抜けず、さらに最後の最後で転倒から復帰した一台に抜かれ(全くのノーマークだった。笑)、決勝6位でレースを終えました。

ボスとのバトルは前回よりは上手く仕掛けることができたと思います。何回か前に出れたし。でも前に出たらそのあとは全力でブロックしなきゃダメですね。マシンのダッシュ力に差があるのですぐに抜き返されてしまいます。でも露骨にブロックするのってあんまり好きじゃないんだよなぁ・・・。

レース後にボスが自分が後半仕掛けてきてくれたおかげでレースが楽しかったと言ってくれて嬉しかったです。自分はずいぶん悔しいのですが。(笑) でもまぁ転倒もなく無事に終われてよかったですよ。何回か危ないシーンがありましたから。さすがレース、楽しさの裏に危険が潜んでます。ていうかホントに何回か危なかった・・・。

嬉しかったといえば抽選会で景品が当たったのも嬉しかったです。関西の方から遠征してきた参加者の方からの景品でした。お土産みたいで嬉しかったです。(笑) この抽選会はレース内容がイマイチだったときにかなり救われますね。

それでも今回走りがイマイチだったのはしっかり検証しなければいけません。雨のレースを楽しむためにも。今度雨練しに行かなきゃ。目指せ41秒台。
あと今回のレースで思いついたこと(必要な物資、モディファイ案など)もたくさんあったのでレース結果や内容以上に有意義な1日となりました。いやほんとクラッシュしなくてよかった。

レース前日走行

JUGEMテーマ:車/バイク

先週が雨だったおかげで・・・今日行ってきました。主なテストメニューはフォークオイルの粘度とリヤのブレーキパッド。

フォークオイルの粘度はカヤバの20番にしたら良くなり、30番にしたらさらに少しだけ良くなって、ついに39秒台に入れることができました。ギリギリで絞り出した1周のみのタイムですが、嬉しかったです。
39秒台というタイムはFP4−STのトップライダーが白糸を走った時に出るであろうタイムなので、自分のような半端者なライダーにとっては上出来だと思います。しかしこれからまだまだマシンと走りを詰めていきたいと思います。

リヤのブレーキパッドは公道ほど大きな変化はありませんでした。たぶんサーキットでは公道ほどリヤのブレーキを使っていないのかもしれませんね。

・・・ところで最近走り方を研究できるようになりました。というのもフロントに安定感が出たおかげで走りに集中できたり、やっと自分の思い通りの走りができるようになったのが要因だと思います。今まではマシンと格闘していたので。

とりあえずサーキット用レーキンはしばらく今のままのパッケージでいこうと思います。

とにかく明日は最終戦、多少リヤサスのセッティングを行うかもしれませんが、走りに集中することをメインにして挑みたいです。

白糸走行(フォークオイル粘度、スプリングテスト)

JUGEMテーマ:車/バイク

行ってきました。画像は前後の車輪を浮かせてる図です。スタンド問題はこれで解決したかなー。

さて今回の走行の結果ですが・・・またもや39秒台を出せませんでした。まぁ、転倒してマシンを壊したらテスト項目が消化できなくなってメンドクサイので安全マージンを残した、という言い訳をしておきます。(笑)

でもテストの結果は良好だったし、最終的には本日の1本目ではなかなか出せなかった40秒台前半を連発できたのでよかったです。乗り方の発見もあったし。あとは体力の問題なんじゃないんですかねー。(笑)

とりあえずフォークスプリングは純正より25%もレートが高いダグアウトのものを使う方向で進めていきます。ブレーキングがすごくいいので。
フォークオイルも純正バネでは15番でよかったのですが、ダグアウトのスプリングでは再び減衰力の不足になってしまったので次回は20番と30番を持っていきます。

あとはマシンの煮詰めとライダーの頑張りできっと39秒台で周回できるようになるでしょう。(笑)

体力面では多少のトレーニングを行ったおかげで前回よりはマシな状態でした。来週も仕事がきつそうなので体力トレーニングがどれぐらいできるだろうか・・・。