箱根旅行での外食 「箱根カレー 心」 「天成園」 「えう゛ぁ屋」

JUGEMテーマ:グルメ

箱根湯本に1泊だけの旅行に行ってきたのでまとめて。まずは「箱根カレー 心」 箱根でカレーと言ったらここらしい。店内には有名人のサインが一杯。ご飯は紫黒米、カレーはグツグツいいながら熱々のものが出てきます。すぐに思い出したのが「野菜を食べるカレー camp」。似てます。でも心の方が美味しいかな。ただどちらも具が大きすぎ。自分は半分の大きさで十分です。たしかに野菜はすごく美味しいし、鶏肉もしっかりとした味つけで美味しい。でも口に中がそれだけになっちゃうんですよね。美味しい具の味が堪能できるのですが、自分はカレーと絡めて食べたい派なので。でも美味しいから許します。(笑) カレー自体も美味しいです。あと水をひっきりなしに補充してくれるところもいいですね。(笑)

外にバイクが止まっていたのでツーリングの目的として来てるライダーもいるようです。その価値はあると思います!

続いて宿泊したホテル「天成園」でのスペシャルバイキング。

まぁ・・・普通です。(笑) いや、普通って言うとなんかアレなんですけど、普通に美味しかったです。でも特別感はないかな。目の前で天麩羅や寿司、鉄板焼きを料理してくれるライブキッチンは外国人観光客を含めて人気なのかもしれないけど、味は普通でした。いや、普通に美味しいんですよ。(笑) 悪くない。ただ静岡は天麩羅、寿司などで普通以上に美味しい所がたくさんあって、そういった所で舌が肥えるとこうなっちゃうんですよ。美味しかったけど想像の範囲内でした。ちなみに一番美味しかったのは箱根山嶺豚の鉄板焼で、次が担々麺、その次が子供用のオレンジジュースです。(笑) 料理の種類が多くていいですね。和洋折衷だから気をつけないと寿司とパンを一緒に食べるようなカオスなことになりますが。

最後に箱根湯本駅の真下にある「えう゛ぁ屋」のエヴァソフト

色からして例えばグレープとメロン、みたいな浅はかな味を予想していたら思ったより和風で奥深い味に驚きました。調べてみたら紫イモと枝豆のアイスらしい。箱根に合ってますね。エヴァと関係なく出しても普通に売れそうなぐらいに美味しかったです。

ちなみに自分はエヴァンゲリオンのことを10%も分からないので少しも有難味がなかったのですが・・・。

鈴鹿8耐(外食の記録編)

JUGEMテーマ:グルメ

今年の鈴鹿8耐でも様々なものを食べました。宮崎名物の地鶏炭火焼から始まって、豚角串、担々麺、伊勢うどん等々。あれ意外とそんなに食べてないな。(笑)

で、特に印象に残ったのがまず上の写真の絶品苺氷。これはもう写真で見たまんまの美味しさです。説明はいらん。(笑)

もう一つが鈴たこ。

このたこ焼きは8耐のスペシャルメニューでもなんでもなくて、たぶん普段の鈴鹿サーキットでも売ってるものだと思います。(笑)
でも昔ながらのチープさと食べやすさに感激しました。最近、世間で美味しいとされるたこ焼きは外はカリカリ、中がトロトロにこだわりすぎてる嫌いがあると思います。大きさも一口で食べにくい大きさだし、熱いとなおさら食べにくい。
出来たてアツアツの良さは分かるけど、たこ焼きってもっと気軽に食べたいんですよね。

そこのところ、この鈴たこは作り置きしてあった奴なので(笑)、過度な熱さはないし、大きさも一口サイズでちょうどいい。中のとろみ具合もちょうどいい。(注:個人的な感想です。)味もまずまずと非常に満足できました。懐かしい味ですね。子供のころにスーパーの横の焼き鳥とかたい焼きとか売ってるお店でたこ焼きを買って食べていたのを思い出しました。ちなみにたい焼きもスーパーの横のが一番美味しい。ソフトクリームも。いや、思い出補正が入ってるのかもしれませんが。

そんなわけで「外食の記録」記事では珍しく長文を書いてしまうほど印象に残ったたこ焼きなのでした。最近こういうたこ焼きってありそうでないですよ。
1