オイル交換

スクーター2台のオイル交換をしました。まずはレーシングキング。前回高粘度の添加剤を入れたことによってオイルが硬くなってしまっていたのですが、今回はベンリィで最近使っているオイル「AZのMEG022+ワコーズスーパーフォアビークル+有機モリブデン」を入れてみました。ちょうど1リッター残っていたので。


その結果、エンジンの回転がすごく軽くなりました。それがオイル粘度の影響なのかスーパーフォアビークルの影響なのか分かりませんけどね。いや、両方かな。ていうかレーキンにAZのオイルを使うのは初めてですし。


レーシングキングに使うオイルはまだ完全に定まっていないので、これからも色々試そうと思います。といってもG4+有機モリブデンがベースになると思いますが。それに添加剤やFM剤を試してみるというスタンスです。


レーキンのあとはベンリィ110のオイルを交換しました。こっちの方がオイルが劣化してフィーリングが落ちていたので優先度が高かったんですけど。


使ったオイルは以前購入してあったモービル1の0W-30。むかし某スクーターレーサーさんにオススメされてからやっと試すことができました。

結果は…うん、普通にいいです。でもガルフのアローと同じく、あくまで「普通にいい」という領域を出ない感じですかね。G4やMEG022のように、吹け上がりが良かったり回転が軽いという目立った良さが無いんですよね。4輪用のオイルを試すのはこれで2回目なのですが、2回ともこんな感じです。そして回転が重く感じる…。あと有機モリブデンの添加が効果的。(笑)


目立った特性がなくても長持ちしてくれれば嬉しいですけどね。


4輪用のオイルは湿式クラッチの2輪には使えないほどヌルヌルしてるから有機モリブデンを後から添加しても効果がないと思っていたのですが、全然そんなことなかったです。(笑)


まぁベンリィもレーキンも使うオイルは定まりつつあります。が、試してみたい添加剤があと2つほどあります。

知りたいのは有機モリブデンを入れた時のような感動があるかどうかです。


コストや手間、バランスを考えると本音は有機モリブデンの添加までで十分なんですけどね。ただその先があるのかがどうしても気になってしまうんです。


オイルの旅はまだ終わりそうにありません。

コメント