タイヤ交換とフォークオイル交換とエンジンオイル交換

レーキンにはずっとBT601SSを履かせていましたが、今回は魔が差してD307にしてみました💦 目的はハンドリング。BT601SSでは峠道では全く不満はないものの、市街地ではフロントの切れ込みが強いのが気になっていたので。いわゆる曲がりすぎってやつ。でもそれはタイヤのせいではなくてレーキンの車体の特性だと思ってるんですけどね。


D307は以前ベンリィに履かせた時に曲がらなさ具合が印象的で、それがこのサイズにも適応されていれば、市街地でのハンドリングがちょうどよくなるんじゃないかと。峠道での旋回力やグリップ力はBTと比べれば落ちるだろうけど、公道だし、大丈夫かなって…。


↓プロファイルはホイールに嵌めて空気を入れたら結構尖ったので期待できそうです(笑)。


今日は雨なので、インプレは来週以降ですね。


↓フロントホイールを外したついでにフォークオイルの交換も行いました。

バイクブログが一回全部消えたせいで記録が残ってなかったのですが、たしか真夏はヤマハの10番、真冬は同5番、それ以外は10番と5番を半々にブレンドしたものが良かったはず。(実際の粘度的には分かりませんが7.5番ということで)

まぁこれからはそんなに頻繁にフォークオイルの交換はしないだろうし💦今回は通年使えそうな7.5番にしました。今まで何番を入れてたか忘れたけど、7.5番なら大きな変化はなく、タイヤインプレにも影響ないだろうし。ていうかそもそも車体姿勢やウェイトローラーも考えなきゃいけないんですけどね。まぁ、そこまではいいかなって(笑)。とりあえず走ってみます。

コメント