柏尾峠から高山経由で穂積神社まで

JUGEMテーマ:ハイキング

 

↓いつもの柏尾峠から出発

柏尾峠→高山→穂積神社のルートです。

 

雪が深ければ途中で引き返すつもりだったのですが、霜柱は所々にあるものの、雪は全くありませんでした。この様子だと竜爪山も雪は無さそう。素晴らしいです、静岡。

 

↓柏尾峠を抜け、農道に出たあと再び登山道に入り、竜爪山に行くルートを選びます。

 

↓重要な標識。ここから山原にも行ってみたいです。

 

↓倒木街道。

 

↓でも良い道です

 

↓ティッシュが散乱してる!?と思ったら・・・

 

↓シモバシラという植物でした。こうやって根元に雪の花が咲くのは期間限定の珍しい現象だそうです。すごいね。

 

↓所々にそれなりの急坂があるけど、激坂というほどじゃないです。MTBでなんとか下れるくらい。もうすっかり基準がMTB。(笑)


MTBで走りたい道リストに追加されました。ハイキングをするとMTB向けの良い道を発見できていいですね。
 

↓自然豊かでいいんだけど・・・道がとても分かりづらく、このようにロープが張ってなければ確実に道を間違えます。

 

実際に一回テープを見落とした時は明らかに道を間違えました。まぁでも尾根づたいだし、山の形もはっきりとわかるので遭難するレベルじゃないと思うけど・・・自分のようなエンジョイハイカーは不安になっちゃいます。道を間違えたらその分体力も消耗するしね。

 

テープが巻いてある木を発見するたびに安心します。(笑) こうやってテープや標識、ロープを張ってくれる方々には感謝です。

 

↓なぜか砂利が多い急坂。滑ります。帰りの下りでは2、3回コケました。(笑) 靴がランニングシューズだからというのもあるけど・・・。

 

大人になると転ぶことが少なくなるので、転ぶというのも良いトレーニングになるんじゃないかと。(笑) まぁそう言えるのも危険度が少ない山だからこそですけどね。

 

柏尾峠から穂積神社に向かうのは基本的には登りなので、MTBに乗るならやっぱり穂積神社から柏尾峠に向かうのがいいですね。で、最後は柏尾峠横の嫁入り道を下ってフィニッシュですね。今度やってみたいです。

昔、自転車で穂積神社まで自走して新道を下ってそのまま道路を下って帰ったことがありましたが、今考えると実にもったいなかったなぁと思います。山道を楽しみながら帰ることができたのに。

このルートは自転車を押したり担いだりする機会も多いとは思いますが、それもまた良い運動ですよね。年を取って落ち着いて、そういう考え方ができるようになりました。(笑)
 

↓ザ・尾根伝いという感じの道。

 

↓高山の赤白鉄塔に到着。鮮やかな赤です。木々の間からこれが見えた時はテンションが上がりました。

 

↓良い景色です。梶原山や日本平も良い景色だけど、お手軽に来れない場所から見る景色はまた違いますね。

 

↓林道を一回挟みます。これがこの前ベンリィで走った峯山林道。オフ車で走りたい。

 

↓車道を横目にしながらのハイキング。梶原山を思い出します。

 

↓ソーラー発電がいつの間にか出来ていたようで、迂回します。

 

↓迂回といっても車道を歩くかたちです。

少しとはいえ、車やバイクで何回も通った道を歩くのは正直つまらない…。わがままな意見ですが、道路とは反対側に登山道を作ってくれたら良かったのに。(笑)

 

ところでこのソーラーパネル群の発電量がどのくらいなのか気になります。

 

↓しばらく歩くと再び登山道の入り口。

 

↓すっごく良い道。

 

↓帆掛山の標識がありますが、これは間違いなんじゃないかという説も。帆掛山といったら梶原山の一本松公園が有名です。山の名前って同じ名前が結構あるけど、さすがにこの近距離で同じ名前の山は無いと思う・・・。

家の近所には目と鼻の先にファミマが2店舗ありますが。(笑) さらに近くのサークルKがファミマになったら狭いエリアの中にファミマが3軒あることになってしまう。どうなるんでしょうか?

 

↓そんなこんなで穂積神社前に出ます。

 

↓柏尾峠からここまで来るのに3時間半もかかっちゃった。ネットで自転車用のフルフェイスを探したり、ラインをしたり、ブログの下書きを書きながらだったのですが、そういうことをしなくても結構時間がかかりますよね。

穂積神社からは色々なルートで静岡市街に戻れるので、どうやって帰ろうか迷いますよね。ちなみに今の自分はバスで帰りたい気分です。(笑) 穂積神社まで直通のバスがあったらいいのに。

今回は柏尾峠に帰るために来た道を戻ったのですが、往復6時間もかかっちゃいました。さすがに脚にきました。

往復6時間というのは自分のお手軽エンジョイハイキングのコンセプトからは外れていますが、時間はもう少し短縮できると思うし、もっと体力がついてガッツリとトレランしたいと思った時には良いコースだと思います。

コメント

高山はそこら中にあるから仕方ないとしても、帆掛山はねえ・・・

  • pianix
  • 2018/06/07 12:04

pianixさんこんばんは。帆掛山の表示は…混乱しちゃいますね。

  • やましん
  • 2018/06/10 20:47