走り初め

走り初めというほど大それたもんじゃないですが、夕方に「いつもの峠道」を走ってきました。


やっぱりツナギの方が走りやすいかな…。

夕方チョイ走り

洗車してから乾かすために走らせてたら「いつもの峠道」を走りたくなってしまったので急遽行ってきました。


まぁ特に何もなく、いつも通り楽しく乗れました。(笑)

今日もツナギを着て行きました。やはり一度あの動きやすさを味わってしまうとやめられません。

レザージャケットとレザーパンツでも十分なのですが、時々お腹が締め付けられる気がします。


あと今日はハンドルカバーとレザーグローブでも指先が冷たくなったのがショックだったなぁ…。これ以上厚いグローブは操作性が落ちるから装着したくないです。といってもCBRの時は普通にウィンターグローブを使っていたのですが。


それと…最近またレーキンの純正サスを試したいかも。ツナギの重量のせいか?体重が増えたせいか?乗り方(走行ライン)が少し変わったせいか、コーナー進入時の旋回性の無さが気になるようになりました。まぁ旋回性がありすぎるより100倍いいんですけど。


なので次はサス交換とか、タイヤ交換かなぁ。ん?タイヤが摩耗したせいなのか!?

段差削りシート

公道レーキン用に段差を削ったシートを新調したので感触を試すために夕方の「いつもの峠道」を走ってきました。


今まで付けていたサーキットレーキン用のシートは後ろの部分も結構削ってあったのですが、今回は段差のみを無くし、それ以外は極力そのままにしておきました。それに加え、削ってない部分にもシリコンシーラントを塗ってみました。固くなるかなと思って。(笑)


実際には固さは変わりませんでしたが、シート高が少し上がったおかげで足の窮屈さが少し解消されました。コーナリングのフィーリングも悪くないし、路面が遠く感じることもないのでこれでいこうと思います。


ちなみに加工途中のシートの写真を撮るのは忘れました💦


ところで今日はなんとなくレーシングスーツを着ていったのですが、その動きやすさが気持ちよく乗れた要因かもしれませんね。ていうかまだ着れてよかったです。

ナロード Comp-Raptor

↓ワンパターンな写真の撮り方ですね…

9月のセールの時に購入してあったナロードさんのComp-Raptorをオイル交換したばかりのベンリィに添加してみました。毎日乗ってるベンリィが一番違いが分かるので。


でもこういう類の添加剤(添加量が10%くらいのタイプ)って、あまり好きじゃないんですよね。なんか、それらしい名前をつけて利幅を大きく取ってそうだから。(笑)


なにより元々のお気に入りのオイルに10%も別のものを混ぜたくないです。


しかも溶媒としてのエンジンオイルが「鉱物油」なんて書かれていると…合成油を好んで入れてる人にとっては耐え難いと思うんですよね。(今回のエフェクターではなく、ホームセンター等で売ってるお手頃価格の添加剤のこと。効果あるけど。笑)

ただワコーズのスーパーフォアビークルみたいなちょっとお高い添加剤は化学合成油を使っているのでその辺は納得できますね。


さてナロードさんのエフェクターと呼ばれるこの添加剤はマニア度が高く、ストイックな印象を持ちます。


ちなみに今回のComp-Raptorはエフェクターシリーズの中でも一番低粘度です。といってもワコーズのスーパーフォアビークルよりは硬いのですが、そっちはエンジンオイルで割っているのに対してエフェクターは……分かりません。(笑) 他のエフェクターは硬いものが多いので溶媒としてエンジンオイルは使っていない、または必要最低限しか使ってない印象です。



さぁComp-Raptorの効果のほどは…遅効性とのことなので入れ始めだけで判断することなく、とりあえず2週間(約100km)乗ってみました。本当はもっと乗り込んだり、使い続けてから判断するタイプの添加剤なんでしょうけど、我慢できないので今回とりあえずとして書き留めておきます。


体感できる効果は…今のところ大きな変化はないです💦 いや、微妙にある気がするのですが、リピートを決意させるほどではないです。


昔ナロードさんのデモオイルのHTHS530Rを入れた時は高回転でとても良いフィーリングがあって、今回もそんな感じになるのかなぁと期待していたのですが、多少はそうなった感じはするものの、大きな変化は無し…。

エステルが効いてるのか、コールドスタート時の滑らかさも感じますがスーパーフォアビークルほどではないかな…。


ま、まぁ添加するオイルや車両との相性もあるでしょうからね💦

人によってはエフェクター無しには戻れないらしいし。


しかも自分の場合はスーパーフォアビークルを2回ほど使った後だし、まだ使い始めなので今後は分かりません。あと数回分残ってるし。でもベンリィにはもう使わないかも💦


実は今のところは体感できなくて残念なのと同時に安心もしてます。毎回入れたいくらいに効果があったらコスト増になるので。(笑)


コストの面と元々のオイルを薄めないという意味では、たった1%ほどの少量添加で速効性のあるFM剤が好きです。有機モリブデンとか。湿式クラッチ車ではクラッチが滑る恐れがあるくらい潤滑性があるやつ。


実はそんなFM剤をナロードさんに発注済みです。(笑)


それが有機モリブデン並みに体感できたらいいなぁと思ってます。添加剤関連を試すのはその辺がひとつの区切りだと思っているので。


というか通勤や街乗りにおいてはワコーズのスーパーフォアビークルの感触が良すぎるので、ベンリィには4リッターで2,500円前後のの安い合成油にスーパーフォアビークルを入れるようにしようかなと思ってます。

夕方ちょっと乗り

どうせ混んでるんだろうなと思ったのですが、エンジンオイル(MEG022+SFV+MODTC)の違いを体感したかったので夕方の「いつもの峠道」に行ってきました。ちなみに早朝に行くつもりでしたが起きれませんでした。


オイルは峠道でも素晴らしいフィーリングでした。やっぱり前回入れたオイル、っていうか添加剤(G4+Comp3)が硬すぎたんですね…。


エンジンパワーが10%ほどアップしたかのような感覚でした。


ちなみに今回はたまたまワコーズのスーパーフォアビークルを添加したオイルを使ったのですが、それが結構効いてたのかも。


冷間時の滑らかさは相変わらずスゴいです。エンジンが冷えててもガンガン回してしまいそうになります。

街乗りではかなり体感できるのですが、より高回転を使う峠道での判定はこれからです。


まぁ高回転といってもレーキンは常用8千回転前後なんですけどね。

ワインディング走行でも良いフィーリングっぽいので今後は常用することになるかも…!?


オイル以外ではバイクを寝かせにくかったのが引っ掛かりましたが、タイヤの摩耗や路面温度低下、身体の調子のせいだと思うのであまり気にしないことに。


とりあえず今日はオイルを確認できてよかったです。

オイル交換

スクーター2台のオイル交換をしました。まずはレーシングキング。前回高粘度の添加剤を入れたことによってオイルが硬くなってしまっていたのですが、今回はベンリィで最近使っているオイル「AZのMEG022+ワコーズスーパーフォアビークル+有機モリブデン」を入れてみました。ちょうど1リッター残っていたので。


その結果、エンジンの回転がすごく軽くなりました。それがオイル粘度の影響なのかスーパーフォアビークルの影響なのか分かりませんけどね。いや、両方かな。ていうかレーキンにAZのオイルを使うのは初めてですし。


レーシングキングに使うオイルはまだ完全に定まっていないので、これからも色々試そうと思います。といってもG4+有機モリブデンがベースになると思いますが。それに添加剤やFM剤を試してみるというスタンスです。


レーキンのあとはベンリィ110のオイルを交換しました。こっちの方がオイルが劣化してフィーリングが落ちていたので優先度が高かったんですけど。


使ったオイルは以前購入してあったモービル1の0W-30。むかし某スクーターレーサーさんにオススメされてからやっと試すことができました。

結果は…うん、普通にいいです。でもガルフのアローと同じく、あくまで「普通にいい」という領域を出ない感じですかね。G4やMEG022のように、吹け上がりが良かったり回転が軽いという目立った良さが無いんですよね。4輪用のオイルを試すのはこれで2回目なのですが、2回ともこんな感じです。そして回転が重く感じる…。あと有機モリブデンの添加が効果的。(笑)


目立った特性がなくても長持ちしてくれれば嬉しいですけどね。


4輪用のオイルは湿式クラッチの2輪には使えないほどヌルヌルしてるから有機モリブデンを後から添加しても効果がないと思っていたのですが、全然そんなことなかったです。(笑)


まぁベンリィもレーキンも使うオイルは定まりつつあります。が、試してみたい添加剤があと2つほどあります。

知りたいのは有機モリブデンを入れた時のような感動があるかどうかです。


コストや手間、バランスを考えると本音は有機モリブデンの添加までで十分なんですけどね。ただその先があるのかがどうしても気になってしまうんです。


オイルの旅はまだ終わりそうにありません。

夕方の「いつもの峠道」

↓ハンカバを付けました。冬でも操作性の良いグローブを使えるのが最大の利点です。

運動不足の身体にとっては峠道程度でもちょっとした運動になるかなと思ったのですが、あまり実感できませんでした。でも確実に身体は疲れるようで、その日の晩は眠りが深くなったりするんですけどね。

そろそろタイヤが摩耗してきました。ハンドリングがほんのちょっとイマイチ。

もうサーキット落ちのタイヤの在庫が尽きたので次に交換するタイヤは新品になるわけですが、そうなれば納車された時以来の新品タイヤということになります。緊張します。(笑)

あとは何故かエンジンパワーがいつも以上に足りなく感じました。気温が下がって硬めのオイルの影響が大きくなったんだろうか…?

夕方峠

↓いい景色です。空気が澄んできて遠くまで見えます。

夕方にちょろっと行ってきました。段差のみ削ったシートの感想は…アンダーが出なくなったし、路面も遠く感じることはなく、とりあえずこれでいいかなぁという感じです。


これでリアサスを純正に戻したらほぼノーマル状態になりますね。今まで散々色々試したのに。(笑) まぁタイヤサイズが変わって車体姿勢が変わってるし、フォークオイル粘度も変えてるし…ノーマルセッティングよりは自分好みになってるはず。


そして今のところシグナスサスの方が楽しく乗れているのでしばらくはこのままかな。

ブレーキシュー面取り

JUGEMテーマ:車/バイク

スクーピーのフロントブレーキの鳴きがひどいのでブレーキシューを面取りしてみました。自分はブレーキシューやパッドを面取りしたことはほとんどありません。理由はブレーキ鳴きに悩まされたことがないから。あと面積が減るのもなんか嫌ですしね。それとディスクブレーキの場合は異物を噛み込むこともあるそうなので。

 

そんなわけで面取りしたぐらいであんなにひどかった鳴きが直るもんかいな・・・と半信半疑だったのですが、結果は見事直りました。(笑) 効果あるんですね、面取りって。

ドラムの段付きも少し気になるレベルでしたが一度に色々いじると原因特定ができなくなるのでそのままにしておきました。次にバラす時はペーパーくらいかけた方がいいかも!?

夕方の峠道

ちょろっと行ってきました。シートをアンコ抜きシートからサーキットレーキンで使っていたもの、つまり段差を削っただけのものに交換して走ったのですが、道が混んでいてあんまりインプレできませんでした。やっぱり早朝の方がいいですね。

 

それでも体感できた点があるのですが、まずシートがフカフカしすぎ。(笑) 当然リアのインフォメーションがリニアに伝わらないし、身体を移動させる際に引っ掛かる感じもします。

 

でもまぁギャップの多い公道ではこれも悪くないかも。そんなに問題に感じませんでした。

 

ただフワフワして沈み込むので、緩和されると思っていた足の窮屈さはあまり変わらないかも!?ハンドルを低く感じることにも期待していたのですが、少しはそう感じるものの、期待していたほどには変わらないかなぁ。元々レーキンはハンドルが高いし…。

 

あと路面を遠く感じちゃうようになるのかなぁと心配していた点もそんなに分からず。

 

シートを変えるきっかけとなった、ほんの少しの旋回性の悪さに変化があったのかも分からず。

 

また空いてる時間帯にでも走ったみたいと思います。日が落ちるのが早くなったせいで夕方の峠道を楽しむ季節は終わっちゃいましたね…と、書こうと思いましたが、真冬になると人出が減るので結構空いてたりするんですよね。しかも今日は連休中ですしね。(※後で知ったのですが、エスパルスの試合の日でした。5-1での勝利、おめでとうございます!)

 

ところで帰り道に子供に「ヘルメットばかカッコいいじゃん!」と言われてとても嬉しかったです。(笑) X-TWELVEのキヨナリモデルなのですが、大人には中二病っぽいとも言われますからね💦

 

やっぱり子供は単純にバイクやライダー、その装備をカッコいいと思ってくれるので、カッコいいと言われて嬉し恥ずかしかったのと同時に、大人のバイク乗りとしてその期待に反するような行動はしてはいけないなぁと、身が引き締まる思いになりました。

 

あ、ヘルメットはそろそろ買い替え時ですね。次はOGKにするかも。軽いし。安いし。